雪道メイト(桔梗から赤川林道手前まで)


昨日はお仕事の空き時間が出来ました。夏場ならその時間を利用して野山や林道、そして釣りに出かけるのです。流石に冬となるとそうも行かないのですが・・・・・・「待てよ、積雪はまだ20cm程だし、走れるんじゃないだろか?」

という訳で、少しだけ林道に入って見ることにしちゃいました。積雪がそれほどでもなければ、冬のアヤメ湿原辺りまで行けるかも知れないし・・・ところが出発しようとしたら猛吹雪、しかしすぐ止みそうなので強行します。案の定、桔梗町辺りで吹雪は止み青空が出てきましたね。街中と違い予想以上に雪が積もっていますが走れそうです。

あたり一面銀世界。
   
向こうには庄司山がポッコリと見えてきました。
携帯画像ですから良く分からないと思いますが、かなり綺麗な樹氷なんですよ。
しばらく走ると車の轍が殆んど無くなってきます。


「ありゃりゃ〜。雪が深すぎ」なんて一人でブツブツ言いながらも前進中。
どうやら街中の数倍の雪深さなのでアヤメ湿原には辿り着けなさそう・・・まあ、行ける所まで行ってみましょう。

   
走るほどに雪が深くなってきました。昔乗っていたTL125ならチェーンを巻いて40cm位の深さの雪道を走った記憶がありますけど、なにせメイトです。実用車の雪道走破性は、足元のレッグシールドまでが限界でしょう。雪がレッグシールドに当ってしまえば、その抵抗によって先に進む事が出来ません。今が丁度その辺りの深さで、20cmぐらいですかね。そんな雪道を走るとタイヤはスノーホイールになっちゃいます。

まだ林道には勾配が無いので走行可能ですが、これから登りとなると無理でしょう。四輪駆動車でしょうか、一台走った跡の上に新雪が積もって、その轍を頼りに走っている状態なのです。時々メイトが激しく振られます。
 

とか何とか言っているうちに、見慣れた場所に到着しました。ここは、赤沼参道入り口の三叉路です。

 
夏にはこんな景色でしたが、今は真っ白。写真で比べてみると、二本の木と道標で同じ場所だと分かりますね。さて、どうしようかな?赤沼参道は登り坂ですから無理、道なりに進めば下り坂です。つまり戻ろうとしても戻れないという事になります。それでも、直進すれば中野ダムに出られるので戻らず前進しましょう。赤沼参道から少し進み中野ダムの三叉路に出ました。 このまま帰るのも悔しいので赤川林道へ向かってみます。
   

 
雪景色の亀田川、樹氷と川の景色がとても綺麗なんですけど、こういう景色は一眼のカメラが欲しい。携帯画像で伝わるでしょうか?この景色。

 
アヤメ湿原へつながるいつもの渡河地点到着。 夏はこんな感じ、ここも今は真っ白ですね。

 
そしてメイトのホイールも真っ白け!まだ前進できそうですから行ってみましょう。赤川林道入り口到着。もう、歩いた方が早いぐらいになってきました。こりゃ〜バイクのラッセル走行でやんの。
 
夏場はここから林道走行の始まりですが、今日はここで終わりにしますか・・・TWならチェーンを巻けば走れそうなんですけど・・・だけど確かチェーンを巻けるほどのクリアランスが無かった筈です。

これだけ雪に覆われてしまえばプーさん同様、私も冬眠?いえいえ、私には二本の足があります。天気が良ければ、ここから歩いて袴腰岳や烏帽子岳なんかに行けますからね。艦船ヲタ生活の合間に訪れましょう。来た道を引き返して、中野ダムへ抜けますか・・・

 
「あらま!」もうダム湖も凍りついてるし・・・ささ、日が暮れる前に帰りましょっと。


戻る  HOME  2006年12月06日

inserted by FC2 system