横津岳

天気が良かったので横津岳へ行ってみた。

 
登山道近くの果樹園ではリンゴが鈴なりになっています。 相変わらず横津岳へ通じる大川沿いの道は気持ちが悪い。それでもちょっと寄り道して大川を覗いてみましょう。 夏は天然のクーラーで涼しい場所ですが今は少し肌寒い。マッタリとする気にもなれず、そのままTWで横津岳を上り始めました。

メイトで夜景を撮りに来た時と違い、TWだと少しはパワーがあるので登るのには苦労しません。我が家の乗用車と同じくらいか、ちょっとパワーが落ちるくらいでしょうか。

  
中腹までは紅葉も見られた。 横津岳スキー場跡へ到着。誰もいません。
このまま更に上へ上がって行きます。

   
ここが夜景の絶景ポイントですけど、メイトの時は雲のためもっと下での撮影でした。
今日は湿度が高くて遠望がきかず見通せるのは庄司山まで。さらに登り続けると・・・

 
やっぱりここへ辿り着きます。 一応、リフトまで行った。


この左手には、ばんだい号慰霊碑があり、26年ぶりに慰霊碑へ行ってみた。考えてみると昼間に慰霊碑を見るのは初めてかもしれません。当時はいつも夜に来ていた訳でして・・・手を合わせて拝んでから、慰霊碑の裏に書かれた遭難者名簿や解説盤を読みました。

この慰霊碑の写真を撮ろうか迷ったけど、やっぱり止めた。興味本位でこの場所の写真を撮りたくありませんからね。慰霊碑には枯れた献花が置いてあります。近くには石仏が置かれ、そこにも献花されていた。

・・・・・・・・・・しばらく色んな事を考えた。

 ・・・・・・・・・・・

遭難者のご冥福を祈り、静かにこの場所から立ち去りました。


戻る  HOME   2008年10月21日

inserted by FC2 system