梅漬峠

 先日、妻を乗せて梅漬峠の入り口(砂利道の手前)までドライブしてきた。その時、何となくではありますが、通り抜けられそうな気がしたんです。なので、一週間後にメイトで偵察がてら行ってみた。本当は、今年最後のTW出動のつもりだったけど、朝の気温は−2℃、日陰の路面はアイスバーンも考えられるから、残念ながら中止です。

まずは、メイトで茂辺地へ・・・

1.jpg  2.jpg 
先週は路面に雪が無かったのに、川原や路面には雪。案の定、アイスバーンの所もあった。

3.jpg 4.jpg
この看板を見ると、行けそうな気がする。 先週はなかった通行止めの標識があった。
と、いう事は、先週まで通行可能だったって事かな?

5.jpg 6.jpg
さらに前進して、林道入り口手前は、完全なワダチ状アイスバーン。メイトで正解です。ここからダートに入る。すぐにゲートが現れるんですが・・・

8.jpg 9.jpg
やっぱり閉鎖されていた。ウ〜ム・・・行ける所まで行くという事で、ごめんなさいの脇抜けであります。

7.jpg 10.jpg
函館市内は5℃だったのに、この辺りは0℃、氷も融けないわけです。林道はそれなりに走りやすい感じ。

11.jpg 12.jpg
脇抜けすると、すぐに山仕事をしている場所があった。って事は、平日はゲートが開いている事もあるでしょうね。その先、伐採現場へ続く道は左へ曲がり、道道29号線は直進です。

13.jpg 14.jpg
もちろん他に車が走った様子は無し。積雪は10cm程度で、ワダチ部分は所々土が出ているから走行には問題なし。日陰で暗い事が・・・嫌な感じ。

15.jpg 16.jpg
おまけにメイトは泥んこ・・・日なたになると気持ち良いから、まっいいか。

17.jpg 18.jpg
日陰部分には大きな水溜りがあって、それが凍っているもんだから砕氷船ゴッコしながら走れるのが、地味に楽しかったりします。冬に林道を走ると経験するんですが、橋の上ってのは林道の倍の積雪があるんです。なので、橋の上の積雪が、ほぼ正確な降雪量になるんじゃないかと思う。

19.jpg 20.jpg
この辺りは30cmぐらいかな。もちろん、30cmの深さはメイトじゃ走れません。勢いをつけて一気に走り抜ける感じです。橋を渡るとキツネさんの足跡が林道伝いにずっと続いていた。

1.jpg 2.jpg
この程度の雪ならばメイトで走るには問題ありません。それでも巡航速度は15km/h弱、雪の下に何があるか分かったものじゃないから、ゆっくり前進しないといけません。日陰の場所は10cm以上の積雪があるから、ここは歩くぐらいの速度。振り返って見ると、メイトのタイヤのワダチだけ。

しばらく走ると・・・

3.jpg 4.jpg
林道を誰かが横切った足跡があった。こんな山の中でも人が来るんですねぇ〜どう見ても人の足跡に見えるけど・・・

5.jpg  あらら・・・

爪の跡がある・・・山の住人が、この辺りにいるって事でしょう。

足跡は古いものなので大丈夫、前進します。

林道も梅漬峠まであと4km、上りがきつくなってきた。

しかも積雪が20cm近くあり、メイトで両足パタパタのラッセル走行。 

6.jpg 7.jpg
林道はこんな感じ。雪に覆われて分かりませんが、夏場なら間違いなくブッシュがある廃道状態でしょう。時々マフラーにガツンと倒木が当たる。メイトのマフラーは数々の林道走行で、穴が開きそうになってるんです。大丈夫かな?

あと3.5kmで梅漬峠だけど、日陰部分では30cm以上の積雪の場所もある。上り坂なので一旦バックさせ、勢いをつけてラッセル開始。このスイッチバック走行を何度も繰り返してメイトを進める。

10.jpg 11.jpg
日のあたる部分と、木々が雪をさえぎっている場所に雪がないのが救い。この間、約2kmの走行に1時間を費やしてしまいました。いよいよ梅漬峠が近くなってきた。この辺りは雪もなく快適。ちょっと小休止して、メイトに付いた雪を落とします。

12.jpg 13.jpg
見事なスノーホイールであります。やっと梅漬峠が見えてきた。峠の頂上にはゲートがあるけど、メイトの車高より高いゲートだから楽に潜れました。

14.jpg
梅漬峠到着。ここまでで、林道部分の3分の2が終了です。 厚沢部側は1.5車線ある立派な林道だから、楽勝のはずですが・・・

15.jpg 1.jpg
雪で真っ白けだった。走れるんだべか・・・ 梅漬峠を下り始めます。

日陰の積雪は20cm、日なたは10cmぐらい。下り坂とはいえ、20cmの積雪だと両足パタパタさせないと前進できない。もし、この先に何かあったら戻れるかな?安全の為、一旦バイクをUターンさせて登ってみた。メイトのワダチをしっかりトレースすれば、歩く速さなら登れたから、ちょっと安心。

2.jpg 3.jpg
それでは、下って行きましょう。夏場なら乗用車でも楽に走れる道なのに、雪があると大変です。真っ白な道なので、石が隠れていてもよく分かりません。何度かオットト・・・しながら下る。分岐到着。ここまで来ればしめたものです。舗装路まであと数キロですから・・・

5.jpg 6.jpg
こっちが支線の林道で・・・ この橋を渡るのが本線。もうすぐゴールなんだけど、橋が長い・・・橋の上は、メイトで走れないほどの積雪がある。勢いを付けて橋に突っ込んでいくも、半分ほどで停止。ここからまた、両足パタパタ走行ですが、全然走らない。一旦バイクを停めて、走るラインの雪かき開始。そして何とか通過した。

7.jpg 8.jpg
文字だと簡単ですけどね。そんな橋が何箇所もあるから、とっても大変です。GPSでは、そろそろ出口(舗装路)のはずなんですが・・・見えてきました。

9.jpg 10.jpg
ここでダートは終了です。一旦、小休止。峠からここまで50分、夏なら10分もかからない道のりでしょう。あとは楽勝のはずなんですが、何となく嫌な予感がしているんです。理由は四輪車のタイヤのワダチが無い事。つまり、この先にもゲートがあるって事です。

11.jpg 12.jpg
そのゲートを通過しなければいけない訳ですから・・・やっぱりゲートがあった。う〜ん

13.jpg 14.jpg
このゲート、ガードが固く脇抜け出来ません。となると潜るしかないんですが、下の部分もかなり狭い。高さを測ると、丁度メイトのハンドル幅ぐらい。メイトを寝かせて、ミラーを外して潜らせてみる・・・通りません。ここまで来て、引き返したくないから色々考えた。結局、知恵の輪のようにメイトを上げたり下げたり回したりして何とか通過に成功。ふぅ〜・・・疲れた。これにて道道29号線、梅漬峠通過完了。ここからは、四輪車のワダチがあり、あとは国道へ向かうだけです。その前に、メイトの林道装備を外します。

すこし休憩して国道走行用に厚着をしましょう。メイトを見ると、雪だるま状態だった。

15.jpg 16.jpg
帰り道の気温は−3℃、これで寒いようでは真冬に走れません。でもね、今回の装備は、上はシャツ・フリース・ダウン・バッタ物ゴアジャンパー下はユニクロモモヒキ・たんすの肥やしの革パン・その上にゴアパンツ。革パンは、膝パットがあるから膝の冷えは無かったけど、革は冷えると寒いんです。やっぱりダウンパンツかフリースパンツの方が正解だった。

我が家を出たのは12:00、道道29号線を走破したのが15:00。日の短いこの時期、帰りは暗くなってしまいました。

17.jpg


あとがき

道道29号線(梅漬峠)は、道路の決壊も無く、橋の崩落もありませんでした。茂辺地側から峠までの約10km区間の2割ぐらいが倒木やブッシュが多かった。峠から館側は最高の状態で問題なし、ただ、館側の第一ゲートの通り抜けに苦労しました。TWなら通れなかったかもしれません。ゲートさえ開いていれば乗用車は無理としても四輪駆動車で、ちょっと倒木を動かす気があれば十分走行可能な道です。

それから、今回ご紹介したプーさんの足跡は一箇所ではなく何箇所もありました。ヒグマにとって、人の来ない良い所かもしれません。人間様は注意が必要でしょう。


戻る  HOME  2009年11月23日

inserted by FC2 system