近場の探索(旧戸井線・磯谷温泉跡)

数日前の天気予報では、連休は天気が悪いとの事で出かけるのを諦めていた。ところが日曜日は、曇り空とはいえ雨は降らなさそうです。雨だと思い、それなりな用事が出来たゆえ、時間的には長距離は無理ですが近場なら何とかなりそうです。

それで、近場ながら普段は行きそうもない所を見ながら国道278線を走り、恵山辺りまで行ってみることにしました。まずは、釜谷富士を越えて汐首無線中継所に行ってみた。

 
数年前には山の上まで登れたのですが、今はゲートで閉ざされています。 雨は大丈夫そうだし、次、行ってみよう。


少し走ると、旧戸井線のアーチ橋が見えてきます。旧戸井線とは、1944年(昭和19年)完成を目指して突貫工事をしましたが1943年(昭和18年)、あと僅かで終点という地点で、戦況悪化により中断されました。軍用鉄道として計画された鉄道だったため、戦後に工事を再開されることもなく一度も使われることのなかった戸井線は「幻の鉄道」なわけです。

 
今回は隣にある「汐首岬灯台」と合わせて、上から見てみましょうかね。 灯台までは、階段は無くスロープで少し登りづらい感じ。

 
下に置いたメイトがだんだん小さくなってきます。見る角度の関係でアーチ橋を上から見ることは出来ません。橋脚が見えるだけ・・・灯台の下に来ると・・・「灯台下暗し」と言う諺通り、全景が分かりませんね。

それじゃ〜次、行ってみよう。

橋脚の次はトンネルです。それでは、旧戸井線のトンネルを覗いて見ましょうか。国道脇には津波対策のため、旧戸井線より上まで続く階段が、あちらこちらにあります。これを登ればトンネルまでの高さに至る事が出来ます。

 
階段を登ってみましょう。 左画像中央、かすかにトンネルが見えています。一応、線路跡まで到着。

 
身の丈程の凄い雑草・・・さて、トンネルを目指しましょうか・・・ほんの百数十メートル先にトンネルがありますが、ヨモギやススキその上この時期らしく、くさ〜いカメムシがいたる所にいますから注意して前進します。 だんだんトンネルが近くなってきました。

 
足元には側溝があって危ないんですが、草に隠れて見えづらい事・・・トンネル到着です。覗いてみると、トンネル壁面のコンクリートが剥離して、中のレンガブロックが下へ落下してご覧の通りの有様。こりゃ〜何時、崩れるか分かったものじゃありません。入り口で撮影するだけにしましょう。ところが、何枚も中の写真を撮っても、なんだか写りが悪いのです。オーブ?っぽい白い玉が沢山写ってしまうし・・・

 
結局、これが一番写りの良い写真でした。おそらくは、トンネルの外と中の明るさの違いにデジカメが対応できなかったのか?もしくは、中と外との湿度の違いによってこのような写真が撮れたのでしょう。間違っても、蛸部屋状態で強制労働をし、人柱になった朝鮮人労働者が・・・などと思ってはいけません。とりあえず、トンネル探索はこれにて終了。

恵山目指してメイトを走らせましょう。おっと、途中には、現在も使われているアーチ橋もあるので見てみましょうかね。

 
これが現役アーチ橋。地元の方が橋として使っています。上からみれば、ただの橋にしか見えませんね。

 
恵山も近づいてきました。天気も回復して来たようだし、メイトは駆け足で進みます。南茅部町(現函館市)へメイトを走らせ、国道278号線、磯谷川に到着しました。ここから磯谷第一水力発電所に沿いの林道を走ります。 水力発電所だけあって、太い水を流すパイプがありますね。

   
この林道を2kmほど遡ります。何やら硫黄の強烈な臭いが漂ってきた。ここは北海道電力磯谷川第一発電所の手前で、林道左側に鉄パイプで作った柵があり、石垣の上から湯が滝のように流れ落ちています。


ここが磯谷温泉跡でして、明治中期に湯治場が造られ、大正時代に本格的な旅館となり、磯谷温泉朝日旅館の名前で知られていました。そして1973年に廃業しています。温泉の建物自体は無くなってしまいましたが、源泉は今でも湧き出しています。温泉マニア?が置いたのか、家庭用湯船がおいてあった。源泉からの湧出温度は70℃以上らしいのですが、ここでは大分冷まされて50℃強でしょうかね。もちろんこの温度でも入浴は不可でしょう。林道からもろに見えるので、ここでの入浴はチョットいただけない気がします。


お湯は林道を横切り磯谷川へ流れ落ちていますが、その途中にこんな湯溜まりがあります。
ここなら藪に隠れて林道からは見えなさそうですね。

 
その脇には、樋を伝わせて小さな湯船へお湯が流れ込んでいます。今回は入湯するつもりはありませんが、どちらかと言うと『湯溜まり』の方が良い感じでしょう。今度来る時にはお風呂セットを持参してみようかな? いずれにせよ、乗用車でもすぐそばまで来る事が出来る『野湯』となります。去年の『金花湯』とは、えらい違い・・・緊張感なくマッタリと入ることが出来るかも知れません。国道278号線、磯谷川の2km奥にある磯谷温泉跡のすぐ先、磯谷第一水力発電所沿いに林道が続いています。

 
発電所の橋を渡れば、その林道に続きますが、その前にちょっと川を見てみた。フライで釣っていましたが、どうやら釣れない様子です。釣り人が釣っていた場所を橋の上から見てみましょうかね。

 
ん・・・うっ・・・あらまっ!!この画像では分からないでしょうからアップにしてみます。体長40cm以上はあるイワナがいるじゃありませんか!瀬の部分には、もう一匹同じサイズのイワナがいましたが、一瞬姿を見せたのみです。磯谷川・・・侮れません。

発電所を後にして、もう少し林道の奥へ行って見ます。


実はこの林道を利用すれば、このまま函館まで帰る事が出来るんです。 もう16:00だし、メイトの能力では函館着の前に真っ暗になるでしょうから行きませんけどね。この林道、途中まではこんな感じで簡易舗装されているのでメイトでも安心して走れます。ダートになって1km程走ると道は荒れてきます。そろそろ戻ろうかな?

 
前方にウマさんが草を食んでいました。戻る良いきっかけですから、そろそろ帰りましょう。



戻る   HOME   2007年09月17日
inserted by FC2 system