林道ツーリング(蛾眉野林道・糸川林道)

先日、私のブログにコメントを頂いたモモンガさんと林道ツーリングに行ってきました。

私としてもネットを通しての関係ですから、初対面で野山へ出掛けるのはいささか緊張します。
「どんな人が来るんだろう・・・怖い人じゃないのかな?」なんて、色々考えたりもしましたが、モモンガさんだって同じだと思いますから、「私と一緒に走ってみたいという奇特な方」なのでしょう。

時間通りに待ち合わせ場所で待っていました。暫らくするとXR250のエンジン音がします。マフラーを換えているようで音が少し大きいですね。

「こりゃ熊よけになっていいね。」などと心の中で呟いてました。モモンガさんと軽く挨拶を済ませ、これから松倉林道に行こうと相談中にゴロゴロ〜と雷の音が・・・。雨はまだのようですが、ちょっと危険そうなので蛾眉野町方面の私の通い慣れた野山に急遽変更する事にします。

モモンガさんは蛾眉野町方面の林道は初めてだそうです。私のTWとモモンガさんのXRですから、私の方が「足手まといになるんじゃないかな」と一抹の不安があります。とか何とか考えているうちに蛾眉野林道の入り口到着。雨はまだ大丈夫そうですね。


「それではモモンガさん行きますよ〜」流石は純然たるOFF車で、本人の装備もバッチリです。私のように着の身着のままではありません。バックミラー越しに見える走りも安定しているようで、TWの速度に合せてもらっていますから、余裕すら感じられ、大丈夫でしょう。

しかも私が写真を撮るためにバイクを停車させているとモモンガさん「あ!栗の木がある」と栗の木を発見しています。ムムッ、なかなかです・・・。


ちなみに蛾眉野林道と名の付く林道はこの近くに2つあるのですが、その内一つは通り抜けが出来ません。今走っているこの道は通り抜けが可能です。ただし、海側は激しくガレていて廃道状態。


頂上付近の見晴らしの良いところで大休止して初対面のモモンガさんとご挨拶がてら色々お話を伺いました。さて、天候の方も少し心配なのですが、時間にもまだ余裕があるのでもう一つ林道をモモンガさんに紹介がてら走る事にします。

次なる林道は、我がセカンドバイクであるタウンメイトのホームグラウンド。春には何度も訪れた、蛾眉野町、糸川から矢別ダムに抜ける林道です。モモンガさんには鬱蒼とした森の中を走る林道に写ったことだと思いますが、ここは春にはお花畑になり、素敵な場所なんですよ。

大沼湖畔以上の水芭蕉の群生が見られ、早春には一面カタクリのピンクの絨毯が敷きつめられます。他の場所ではキクザキイチゲの大群落もあり、素晴らしい場所です。


常五郎林道との分岐からいよいよ矢別ダムへの道へと入ります。途中にいくつかの分岐がありますが、本線伝いに進めば矢別ダムへ抜けます。しかし、本線よりも支線の方が立派な道もあり、慣れないと大変かも知れないのがここの道。谷地山放牧場の見える高台で一休みします。実はここからが大変でした。


まだ暢気に休憩中。また雷がゴロゴロ音を立て始めたかと思うと、いきなり大粒の雨が降ってきました。林道の中でこんな雨に降られるのは久しぶりでした。轍がドンドン小川に変わっていきます。降り始めたばかりですから崖崩れや道の崩落などは無いでしょうけど、かなり嫌な感じです。カッパを持参してなかったモモンガさんは大変そう。

元はと言うと、天気が怪しいのもかかわらず、今日の林道走行を決めた下手人は私ですから、モモンガさんには申し訳ない気持ちで一杯です。二つ目の小さな小川を渡河し、少し走ると林道脇から矢別ダム湖がチラリと見えてきました。雨の中何とか完走。


林道を出て矢別ダムそばの駐車場の東屋で雨宿りした途端に雨は止みます。あるんですよ。こういう事!ツーリングをしてカッパを着ると雨が止み、脱ぐと雨が降り出す・・・それと同じですな。

ネットではオフ会というものがありますが、今回は二人だけのオフ会と言うところでしょうかね。


戻る  HOME   2006年09月05日
inserted by FC2 system