大船松倉林道・鉄山鶴野線(冬)@

ここ数日暖気が入っているようで、最高気温がプラス温度です。まだ野山を走れそう・・・
そんな訳で前回行った中野ダム界隈に引き続き、今回は大船松倉林道へ入って見る事にしました。今日は上湯の川団地の手前から林道に入ります。


雪は少ないのですが、その解けた雪がすっかり凍り付いて、砂利道もブラックアイスになっているので注意しましょう。

 
日当たりの良い所は雪が解けていますが、日陰はやっぱり雪道ですね。 遠くには真っ白な三森山が見えています。今回も行ける所まで行って見ましょう。凍った車の轍の上を走るのでかなり神経を使う。こんなんだったら、深雪の方がずっと安心なんですけど・・・コケても痛くないですからね。夏には苦労知らずで走っていた直線の林道もオドオド、パフパフと前進中。


秋にはこの辺りで沢山の栗を採りました。林道の脇の木々はすっかり葉を落としていますから、木の上の鳥の巣がやたら目に付きます。現在の気温は0℃丁度、市内より2℃温度が低い。まあ0℃も2℃もたいして変わりません。


やっと大船松倉林道の入り口に到着しました。いつものように右の大船松倉林道へ行こうか、寅の沢林道へ行こうかと思案中。
寅の沢林道は雪がありそうだし、夏場でも交通量が少ないので大船松倉林道にしてみましょう。

   
ここからは、林道の雪も多くなってきます。林道は車が通った跡もあって安心して走れ、夏には分からない色々な動物達の足跡が沢山ありました。なんだか、にぎやかな?感じです。見えている足跡は、キツネさん ウサギさん 野ネズミさん それからタヌキさんでしょうか?プーさんはもうお休みなのかな?などとホンワカしながらの林道走行となっていましたがこの先、大変な者が待ち構えている事をまだ私は知りません。 『知らぬが仏』で私は林道を先へ先へと進むのでした。


水の沢林道の分岐を越した頃になると林道の雪も深さを増して、メイトのスピードメーターは時速15kmを上回りません。丁度その頃、林道の沢山の動物達の足跡に混ざって、新鮮でしかも大きな足跡が私の目に飛び込んできたのです。私のメイトの右側の山から下の沢へ下りたばかりのプーさんの足跡。ムム・・・まだオネムじゃなかったみたい・・・

まあ足跡だけなら普段の山歩きや林道走行でもよくある事ですからそのまま走りましょう。その前にプーさんの足跡の写真を見てみましょうか。


アップで撮ると真っ白で何だか分からないので、引きの画像です。立派な足跡が沢へ下りています。日なたで少し小休止して水筒のウーロン茶を飲みますか・・・停まっていると寒くなってくるので5分ほどで休憩は終わり。かなり高度を上げて来ました。日当たりの良い所は雪が少なく走りやすい。 とか何とかいっていると・・・


あたり一面プーさんの足跡だらけになっちゃった(汗)先日、私の知人が見たプーさんの足跡のネタそのままです。

どうしようかな? 戻ろうかな? ちょっと不安になってきた・・・


 大船松倉林道・鉄山鶴野線(冬)Aへ


戻る  HOME  2006年12月11日

inserted by FC2 system