迷彩要塞跡

函館山要塞は、津軽海峡の防衛のため作られたものとして有名です。そして、戸井町(現函館市)にも津軽海峡防衛のため砲台が備えてありました。これを津軽要塞(汐首岬第一砲台)と呼んでいたそうです。

この要塞はベトン(コンクリート)が迷彩塗装されているのが特徴で、現在も当時の塗装が残っています。場所は戸井高校のグラウンド脇ですから、戸井高生には珍しくもない建造物でしょう。私はこの迷彩要塞を知ったのは、ほんの数年前の事で時間があれば見学に行こうと思いつつ数年が経ってしまった。今回丁度良い時間が取れたので早速この迷彩要塞見物に行ってみることにしました。


早春の日曜日、天気は上々でメイトも快調に戸井町を目指す。途中、陽気に湧いてきたロードバイクが数台、私を追い越して行きます。メイトの巡航速度は約50km/hですから当然といえば当然ですね。

私も含めてバイクに乗る人間の高年齢化が進んできているようで、殆どのライダーが私と同年齢程度と思われる。ヘルメットをかぶっていても、そりゃ分かりますよ。何しろ、みんなお腹がポコッと出ているんですから・・・デブにバイクは似合わないから、メタボも程々にしないといけませんよ・・・気温は5℃、真冬もバイクに乗る私にとっては“暖かい”。

 
途中、釜谷富士を見てみると、南側(海側)斜面には雪が無く、北側のみ残雪を確認できた。この山は、登山道が無い山なので、今時期か晩秋の頃でなければ登りづらい山でしょう。

 
途中、本州との距離が最短地の場所を通るんですけど・・・工事現場にありそうなトタンの看板が一枚あるだけで、もう少しどうにかならないものでしょうかね。

 
戸井高校入口到着。 ここを右折すれば、迷彩要塞です。 すぐに戸井高校が見えてきます。

 
その先右側、市営住宅風建物の裏あたりに要塞があるはずですが・・・おっと・・・もう見えていた。これに間違いないでしょう。

 
住宅の先には戸井高校グラウンドに通じる道が右にあり、そこを入ります。 すぐに迷彩要塞到着です。
う〜む・・・・・・

 
しばし見入っていまいました。 なるほど見事な迷彩模様であります。

 
コンクリート表面はツルリとしてなく、吹き付け塗装のようなデコボコした感じ。プラモで迷彩塗装はよくしますけど、実物を見るとプラモの方が上手かもしれません(笑)

 
入口は鉄の網で入られないようになっていますが、住宅側にはそれがなく、誰でも入る事ができるようです。ボルト跡は何に使われていた物なんでしょう。


このコンクリート製のフタのような物も要塞関連の物なのかな?

立派な迷彩要塞があるのに、案内看板や解説文一つ見当たりません。 なんだか勿体無い話です。これだけの戦争遺跡なら、駐車場を作って周りを整備すれば観光客(マニアね)も沢山訪れると思うのですがね〜

 

 
驚いたのは、この戦争遺跡である迷彩要塞の中を付近住民が物置代わりに使っている事です。自治体は、やる気が無いんでしょう(管轄がちがうからやらないのかな?) 一応、一通り見たので帰ろうかな?

その前に、この要塞には大砲があったわけで、大砲があるという事は、射撃指示をする観測所があるわけ。その観測所がどこかと調べてみたら、年に一度は訪れる町民憩い丘のあたりにあったようです。

そばなので行ってみましょう。

 
ここが入口。 すぐにダートになります。この町民憩い丘へは反対側からも入られるし、そちら側からだと全面舗装でこっち側より楽。

 
でもね、こっちから入った方が景色良いんです。 町民憩いの丘到着。ここにバイクを置いて数分歩けば武井の島(むいのしま)が見える展望台です。

 
その前に右側にも林道が続いているので見てみる事にした。 おそらく、頂上にあるアンテナの保守道路だと思うけど・・・数百mで行き止まり、やっぱりアンテナの保守道路でした。それにしても、雪の無い林道を走るのは5ヶ月ぶりなので、走り方忘れたわ。

 
これだけ砂利が浮いている道でもアイスバーンや圧雪より走り易かったっけ? 展望台へ行って、一応武井の島を見ます。確かにこの辺りなら着弾観測には持って来いですね。ちなみに大砲には榴弾砲と加濃砲というあって・・・まっ・・・いいか。とにかく、大砲の射撃ってのは数学の塊みたいなものです。遠くに砲弾を飛ばす時には地球の自転(コリオリの力)まで計算に入れないと命中させられないほど難しい。今はコンピューターがやってくれているんでしょうけどね・・・

   
さて、そろそろ時間がなくなってきた。

帰りは反対側の道(全面舗装)を通って我が家へ帰りましょう。


戻る  HOME  2009年03月30日
inserted by FC2 system