本文へジャンプ

 金花湯考

最近、金花湯について少し考えた。

 2年前、私が金花湯へ行く際には、こんな秘湯へ同行してくれる友人がいませんでした。ですから何かあったら大変なわけで、9割の下調べと1割の実行で訪れたのです。バイクが故障した場合の対策や最悪徒歩で帰還する方法、山中でビバークする準備やケガ対策、挙げればきりがありません。そして実際に走行してみると本当に険しい道のりでした。林道を走り慣れているとはいえ、ここは難易度がかなり高い場所です。

 色々な考え方があると思いますが、私が金花湯へ行く決意をしたのは林道ツーリング気分ではなく、登山に近い感覚でした。一般的には複数人で行く方が安全なのは確かですが、登山では単独行というのがあります。私もそれに見習いこういった方々の書籍や文献、そしてネット検索などで色々調べたりしました。そんな努力をしたところでリスクがゼロになる事などありませんが、少しでもリスクを減らせればと思ったわけです。

 今はネットという便利な物がありますから、金花湯へ行こうと思えば私のブログやジェベリスト777さんRJさんのブログ、その他沢山の金花湯情報をネットで入手する事が出来ます。ですが、実際に走った苦労や辛さは僅かしか伝わらないでしょう。そして、その方々の何割かの方が軽い気持ちで金花湯へ行っているような気がしてなりません。本来このような道は登山者なみの体力と気力と野山の知識が必要なのだと思います。

 多数のバイクで行けば緊張感が薄れてしまうし、下調べなどは殆んどしていないかもしれません。そうなれば何かあった場合など、ただの烏合の衆にしかすぎないでしょう。パンク修理の技術さえない人も行っているはず?です。徒歩で訪れる人もしかり、往復50kmの山道を歩く練習をしたのでしょうか。

 私には林道を走り回るオフロードライダーの一部の人は、野山を楽しんで走っているのではなくデコボコした道を飛ばして走るのが楽しいだけに思えるんです。冬になると野山を走り回るスノーモービルを見ますが、彼らも雪の上を走っているのが楽しいだけで、今自分がどの山のどの辺りを走っているかを分かっていない人も多いはずです。

 善し悪しは別として、要するに彼らは自然よりスノーモービルという機械が好きなのでしょう。挙句の果てに小さな木々をなぎ倒すなどの行為をし、スノーモービル入山禁止と相成ります。野山でスノーモービルを走らせる人の多くは、野山はだだのコースなのですから自然が好きな人や登山者の嫌われ者なのもうなずけます。そしてオフロードバイクにも同じような事が起こらないとも限りません。

 野山好きや秘湯好きが手段として使う道具がバイクだったというのなら分かりますが、金花湯は興味本位の人やオフロードライダーが訪れる場所ではないと思いました。

まあ、金花湯を紹介した私にも、お先棒を担いだ責任があるのですが・・・

 もう一つ、金花湯へ行ったオフロードライダーや徒歩で入湯を達成した方が『ここは危険だから一人で行かない方が良い』とか『ここは危険なので二度と行かない』などと書かれている記事をネットで目にするようになりました。私はその言葉に疑問を持ちます。

 なぜなら、登山者はもっと危険な場所を踏破しているにもかかわらず、そんな事には殆ど触れません。おそらく、登山者にとってそのような危険は当たり前、つまり想定内で十分?対応可能だからでしょう。

 それがオフロードライダーや好奇心で入湯をした人にとって、金花湯は想定外の(対応しきれない)危険が起こる場所に思えてしまうで『危険だから行かない方が良い』と言っている気がします。そんな事を言わないように、もっと野山のスキルを上げてから行くべきだと思うばかりです。 と、今回は思った事を書いてしまいました。

 おまけ・・・

2010年4月13日 金花湯と空中露天風呂の 歴史を当HPの読者であるrz.koiさんから情報を頂いたので掲載させて頂きます。 

 「金花湯」の質問についてお答えいたします。
現在「金花湯」について村で解る資料等がありませんでしたので、今日(4月9日)、村の長老の方に話を聞いてきました。山歩きが好きで、島牧村の山を良く知っている人です。

質問1
 金花湯と川沿いの少し高く?なった場所の一枚岩の温泉とは、どちらが先?に有ったのでしょうか?「それと 誰が?作ったのでしょうか・・チョツト気になったので」

答え
 先にあったのは、金花湯だそうです。それと作った人は、金花湯については「ソメノ」さんという人とその仲間の人達で作ったそうです。一枚岩の温泉については、営林署の職員が作ったそうです。

質問2
 此の2つの湯船は?いつ頃作られたのでしょうか?

答え
 金花湯については、昭和15年頃に作られたそうです。一枚岩の温泉については、昭和35年頃に作られたものだそうです。

因みに、何の為に作ったのか?等、金花湯、一枚岩の温泉について、話を教えてもらいましたので、参考にお知らせいたします。

 金花湯については、今から70年くらい前の昭和15年頃に島牧村から長万部町の二股温泉まで、営林署で「林内ほどう」を作るため、営林署の職員が道路を作っていたもので、その時に「ソメノ」さんという人(キリスト教の信者)とその仲間の人達も一緒に道路を作っており、その時に「ソメノ」さんとその仲間の人達で金花湯を作ったそうです。 その時、金花湯の下に作業所(小屋を立て、屋根を「まかばのかんば」で作り、温泉に入り仕事の疲れをとってたそうです。)を作ったそうです。その近くには金山、鉱山の炭鉱(亜鉛、鉛、石炭など色々)があり(秋田の「どうわこうぎょう」(日本一大きい)なども入っていたそうです。)その人達も利用していたそうです。

一枚岩の温泉については、今から50年くらい前の昭和35年頃に営林署で造材で木をきりだしていましたが、その時、営林署の職員が作ったんだそうです。

あくまでも、お年寄りに聞いた話ですので、確証のある、決まったものではなく、そのぐらいではないか?と思う。とのことです。  

金花湯と空中露天風呂の 歴史・・・・

温泉の下に 小屋が有ったんですね「当時は」どの辺に あったんでしようかね?・・・

今まで 全然分からずに 温泉に入っていたので。。「私は すっきりしました」

そして ソメノさんとそのお仲間の人、営林署の方々に感謝致します。

回答を頂きましたので・・・・公開致します。



原文のまま掲載させて頂きました。
   

 以下、2013.03.22加筆  

その後、私のHPの読者様から、昔の金花湯関連のメールを頂きました。 その原文のまま紹介させて頂きます。

発行元の北海道鉱業ニュース編集委員会は、北海道鉱業会、道庁、開発局、通産省地質調査所、道地質研究所などの協力を得ながら札幌通産局が発行していたようです。

焼けを探ねて五十年   今堀喜三郎(探鉱家)
永豊泊川付近探鉱の巻
 大正十五年の秋、島牧郡永豊のE氏から話があり、泊川中流の同氏出願鉱区の探鉱費を面倒みる事にして、翌昭和二年夏、現地調査に出張した。
 宮内温泉の一里程上流泊川右岸の急斜面に鉛亜鉛の細脈あり。又其対岸上流の鉱区の金鉱と称するのは発見者が位置を忘れて見当らず。結局硫化焼けの二・三カ所あるのを見た丈で下山した。此時、E氏から泊川上流黄金沢の温泉付近の金鉱の話を聞いたが、ソコへ行くには夏より堅雪の頃が楽だと言うので、翌年四月E氏等と一行七人で大平山を通過して黄金沢温泉に到着、残雪を除けて小屋掛けし、二泊して附近の川を調べ転石の多い事を確め後日に備えて帰札した。

 その時序でに温泉を検べて見たが、二町歩ばかりの間、湯華で台地が出来ていて、其台地内に七カ所の湧きツボがある。其内の一つ川岸の分の湯ツボを片付けて入浴した。此ツボの一方の側壁が大形の安山岩塊で出来ていて、其上を一面に苔が筵の様に覆い、塵が湯槽の内に落ちて来てうるさいので、之をガバリと剥ぎ取って岩面を洗った処が、此岩面に「金花湯」と大書した彫刻があり、其下に矢印が下流に向け書いてある。彫刻の角が大分摩滅して居る処から見ると余程昔のものらしい。尚大字の下に「柴田」と中字で掘ってある。恐らく昔の金掘師の残した跡と推定した。
 尚、これは後日、長万部鉱山探鉱中に判明した事た゛が、此の湯の台地の山際に自然薯の群落があり当時の野菜畑の跡らしい。何れにしても、徳川時代のものらしく先人の努力に驚いた。
北海道鉱業ニュース 第19号昭和47年4月20日発行 北海道鉱業ニュース編集委員会発行

尚、北海道鉱業ニュース編集委員会は、鉱業の衰退により現在は消滅したようです。
                           

戻る    HOME    2008年10月07日
 
inserted by FC2 system