稲穂林道と道草

ピリカダムを過ぎ、約1kmほど走れば稲穂峠となります。

 
そこから数百メートル下った右側に稲穂林道入口の看板発見。

   
林道へ入ると、すぐにゲートが現れます。ここが十年ほど前に発見された『幻の滝』の入口なんです。
幻の滝とは、以前にもご紹介しているので、詳しくはこちらを見てください。

落差が80mもあるそうで、道南では最大の滝となるそうなのですが、ゲートが閉まっているからなぁ〜約4kmの道のりは、歩いて往復一時間半ってところかな?ここだけが目的なら、歩く用意をしてくるんだけど、今は着膨れダルマですからね。
林道のゲート脇を通る事もできますが・・・どうしようかな?一応、林道の先がどうなっているのか、歩いて見てみましょう。


数百m歩いてみましたが、林業に使われている道なので、自動車でも走行可能な立派な林道です。
今日はゲート脇を「ごめんなさい」する気にもなれないし・・・それに、さっきからお腹の調子が・・・冷えたかな?

ここは山の中なんだから野○ソすればいいけど、紙忘れちゃって・・・夏なら蕗(ふき)の葉っぱを使えば良いのですが、今は枯れてありません。あと30分位は持ちそうなので、今日はここまでにしましょう。

少し遠回りして、確実に紙のある長万部のドライブインへ直行。

長万部到着。

 
 ※ドライブインの画像は夏に撮影した物です。

ここのドライブインはトイレが大きくて、一度に20〜30人は入れるんです。だけど、何でトイレの入り口に、こんなマネキンやピアノを置いているんでしょう?何はともあれ、用も済ませて一件落着。 少し早めだけど、函館に戻りましょうかね。

TWは順調に函館を目指します。

途中、森町を過ぎ大沼へさしかかる手前に『アンデルセンの森』って看板があるのです。

 
前から少し気になっていたもので、ちょっと覗いてみましょうかね。おそらくは、バブル期の分譲別荘だとは思っているのですが・・・
路面は落ち葉や腐葉土で隠されていますが、立派にアスファルトが敷いてありました。
道の脇には不法投棄された粗大ゴミが散乱して、うらぶれた感じがする場所です。

 
すこし奧に入ってみると、そこには建売の別荘を思わせる同じ建物が点在しています。
人がいれば小奇麗な別荘でしょうが、今は窓ガラスが割れ、雑草が生い茂っているだけ。

 
誰もいない廃墟ってのは『癒し効果』があると聞きますが、ここにはそんなものはありません。だれもいない筈なのに、さっきからず〜っと人に見られているような気がするし・・・こりゃ〜間違いなくゴースト別荘?ですな。このアンデルセンの森の道はハシゴ状になっていて、入口から入って、突き当たりまで行くと右に曲がり、そしてまた突き当りが右に曲がって、出口へ向かっています。
辺りは物音一つしない。まだ誰かの視線も感じるし・・・とっととこの場から立ち去りましょう。

国道5号線へ出るとホッと一息。 ただただ不気味なだけ・・・無駄な道草でした。  
                         
 おわり


 オオシュブンナイの滝に戻る


戻る  HOME  2007年11月10日

inserted by FC2 system