春のツーリング(尾刺健川線編)

 あっさり鏡山凹地の探訪を断念して、次に向かったのは木古内町渡島鶴岡から林道をつなぎ、知内町尾刺地区へ抜ける計画です。ここは10年ぶりの再訪ですが、今もしっかり健在でしょう。。

   
まずは、国道228号線から道道5号線へ入り、禅燈寺裏参道の看板が目印。『地図C』

 
すぐに渡島鶴岡の駅が現れて、踏切を渡った所からスタートです。

 
ここはまだ生活道路って感じで、里山ののどかな景色の中を通ります。

 
1.7km程走ると舗装路現れて、そこを左折、さらに500m先を右折し『地図D』舗装とダートの混在する林道を通ります。

 
林道伝いに逃げ隠れするエゾヤチネズミがいやに多いと思ったら、それを捕食する猛禽類も私達の周りを逃げもせず飛び回ってました。

 
林道というより、ロードバイクでも走られる程整備された道で、なんだか肩透しを喰らった感じであります。とても長閑な林道ですから、ここは単独走行でも大丈夫でしょう(私は殆ど単独だけど)

 
『地図D』から4.2kmで分岐、ここは右ですが・・・ その先600mで残雪のため終了。 まだ少し早かったみたい・・・

 
丁度お昼だし、ここで昼食にしましょう。残雪のある場所から少し戻った橋の上でお昼を食べてたら、昔、この界隈でキャンプした際、蛍が沢山飛んでいた事を思い出しました。そして、この橋の名前は『やんまばし』もしかしたらトンボも沢山いたのでしょうかね。

春のツーリング(伊勢鉢・障子山編)へ進む  春のツーリング(鏡山編)へ戻る

戻る   HOME   2013年04月28日 

inserted by FC2 system