初夏のアヤメ湿原

二年ぶりにアヤメ湿原へ行く事にした。

 
いつものように赤川林道経由でアヤメ湿原へ向うコースです。赤川林道に入り、すぐに右折して最短ルートを取ります。この場所の渡河も2年ぶり。

 
水量も少なく楽に渡河終了。 今日は日曜日、それにしても車やオフロードバイクが多い。いつもは廃道やら秘境っぽい場所ばかり走っているせいか、日曜日にメジャーな林道を走るとこんなに沢山の車両に会うのかと少し驚いてしまった。街中同様、ここでは出会い頭の交通事故の方が危険かも知れないのでゆっくりと走りましょう。

 
以前は無かった袴腰岳の案内標識も新設されていた。 ネマガリダケもすっかり伸びてしまっている。

 
途中、寅の沢林道にちょっと入り『城岱の沼』でも見ようと思ったが、場所を忘れてしまい、ちょっとうろついた。

ヤブ漕ぎを200mほどしないと『城岱の沼』は見れません。ここかな?と当たりを付けてヤブに入る。ダニだらけ・・・刺すダニではないが赤いダニで名前は『タカラダニ』このダニはすぐに増えるので、我が家へお持ち帰りでもしたら大変です。やっぱり早春の頃に来る事にして今回は諦めます。


アヤメ湿原へのコースに戻り、写真を撮っていると、またオフロードバイクが通り過ぎる。
本当に沢山走っているんですねェ〜 とか何とか言っているうちにアヤメ湿原到着。

 
看板も新設され立派になっています。

 
アヤメ湿原に咲くハナショウブは咲いてなかった。 エゾカンゾウが所々に咲く程度。

 
カモさんがのんびりしています。ここで大休止、私ものんびりしましょう。今日のお目当ては『アヤメ湿原』なわけですが、この先は大船左股林道へ出て、大船松倉林道に合流。そして帰るだけのコースです。なんだかつまらない。それで『アヤメ湿原』少し手前の林道へ入って見る事にします。

この林道は、確か?水の沢林道の出口のはずなので大船松倉林道のかなり函館寄りの場所へ抜けられる。でもね、私が抜けたのは今から20年前です。今は廃道?かもしれません。

 
距離にして5kmのはずですから、まずは入ってみましょう。 さて、水の沢林道と思われる林道へ入ってみます。最初の200mほどは順調に走れましたが、このまま最後まで行けるとは全く思っていません。案の定、300mで林道右側に深い溝が入っている。

 
路面は多少ガレてはいるものの、まだまだ走行可能の状態。 500m地点からフキと笹が路面を覆い始めてきた。これでもまだ大丈夫。かすかでも、これからタイヤが通る場所を確認できれば問題ありません。と、思っていたら、今度はクモの巣がいくつも林道にかかっていて、その中へ突っ込んでしまった。私もバイクもクモの巣だらけ、一旦バイクを停車させてクモの巣の除去作業。 クモの巣の除去を終えて更に前進します。こりゃ、完全に廃道のようです。

林道を良く見ると、地上30cmあたりでは一車線分は確保されているものの、全く林道を整備していない為、ネマガリダケが覆いかぶさっています。私の目線では0,2車線です。雑草も繁茂しているので更に走りづらい。


偉そうな事を言わせてもらえば、このぐらいの路面で撤退しているようでは「金花湯」入湯は叶いませんでした。もちろん度胸だけの無謀な走行はもっての外です。下調べと準備を怠ってはいけません。なにげに入ったように書いたこの林道(廃道)でさえ、どれほど自宅で地図とにらめっこをしたでしょう。そして、これが水の沢林道ならば、もう少し先に直角に曲がる地点が現れるはずです。

 
案の定、直角カーブが出現しました。そして、そこだけ広くなっていた。この先から道が開けてくれるといいのですが・・・やっぱり開けてなかった・・・こういった廃道での私なりの前進か撤退かの定義ですが、「タイヤ一本分でも路面が見える事」この一点です。いくらフキなどのやわらかい雑草(山菜)でも路面状況が判らなければ、どんな危険が待ち構えているか分かりませんからね。

 
廃道1.5km地点、こりゃまた特大のプーさんの落し物発見。 ここのプーさん、かなり大きそうです。この場所は殆ど人が入っていないと思われますから、プーさんにはハイウェーのように歩きやすい場所でしょう。林道は更に荒れて、かすかに見える路面には朽ち果てた倒木がいきなり現れます。


2km地点、またもやプーさんの落し物発見。クンクン・・・プーさんは大丈夫・・・近くにはいない様子。大船松倉林道から入る水の沢林道は、約2km地点までは整備されているはず。そこへ合流するには、あと1kmも走れば良いはずなのですが・・・


2.2km地点、こりゃ〜完全に廃道です。こういった廃道も、草の生えていない早春なら全く問題ないのですが、そろそろ撤退を考え始めました。あと1kmで道が良くなるはず?なのですが・・・路面はフキやヨモギ、そして沢山のウドで覆いつくされている。


路面が完全に見えなくなってしまった。残念ながらここまで・・・撤退です。今時期の水の沢林道(廃道)は、大船松倉林道へ抜けられない事が分かった。そうと分かれば、とっとと戻りましょう。撤退は途中でのデジカメ撮影もないので、あっという間にアヤメ湿原に到着です。一旦バイクを停めて、あちらこちらに付いた雑草を払い落す。 さて、出発しましょう。


大船左股林道との合流点到着。大沼方向へ向かう林道にはピンクのテープが張られており、そのテープが路面に下ろされていました。工事中のようですが、日曜日の為、工事が無く通行可能のようです。現在時刻は16:00過ぎ、大沼経由では時間がかかりそうなので、大船松倉林道へ出て帰りますかね。

 
万畳敷入り口到着。 やっぱりちょっと寄り道する事にしましょう。 実は、万畳敷を訪れるのは十数年ぶりなのです。以前、ここの直線をいい気になって走っていたら、横からプーさんが出てきて急ブレーキ。その距離10m弱でプーさん仁王立ち、しばし睨み合いが続いたという一件以来、あまり訪れる気がしなかった場所なのです。

 
それはさておき、相変わらず見事な直線の林道です。

 
林道沿いには、昔の南茅部の磯谷発電所から函館(亀田)まで伸びていた亀田送電線の電信柱が十数本立ち並び当時の面影が残されている。現在では昆布の森植林事業が行われ、数十年後には豊かな森になることでしょう。

 
この林道は行き止まりのピストン林道なので、今回は終点手前にある泣面山登山口で引き返す事にします。泣面山が見えてきた。南茅部の漁師さん達は、この山を見て天候を知ると聞いた事があります。そんな南茅部の人達に親しまれてきた山なのに、一昔前までは登山道が無く、登る人もいない山だったそうです。

   
登山道到着、現在は立派な登山道と標識が立てられています。そろそろ帰りましょう。万畳敷を後して、国道のような?大船松倉林道を走って帰るだけ。


大船松倉林道を函館方向へ走らせていたら、路面の真ん中にオイルのような長いシミがずっと付いていた。なんでしょう?最初は車がオイル漏れを起こしながら走っていると思ったが、何kmにもわたって付いている。こんなに車からオイルが出るはずもなでしょう。

何かの目印なのかな?退屈な大船松倉林道を走りながらずっと考えていた。それで、もしかしたら新手の不法投棄の一種じゃなかろうか?というのが私の考え。廃油を少しずつ林道に垂らしながら捨てているのではないのかな?間違っていたらごめんなさい。


そんな事を考えているうちに大船松倉林道も終了。林道走行距離は約75kmでした。

まだ『ちびまる子ちゃん』の時間に間に合いそうです。


戻る  HOME  2008年06月30日 

inserted by FC2 system