春の赤沼偵察

少し時間が出来たので、TWで赤沼と白沼へ行ってみる事にしました。今時期は残雪のため、途中断念覚悟上なのですけど・・・いつもなら赤川線から中野ダム経由で赤沼へ行きます。今回は国道5号線、桔梗駅前の道を真っ直ぐ行って赤沼参道へ行く事にした。この林道は、冬に何度か訪れています。

 
 考えてみると、雪の無い時期に来たのは2年ぶりぐらいかもしれません。


採石場を過ぎると本格的な林道走行です。最近、メイトにばかり乗っているせいか、TWの走破性がちょっと新鮮。なにせ半年ぶりのTWでの林道だし、メイト慣れした私は、『ゆっくり走ればメイトだけでも林道を走れるんじゃなかろうか?』などと思っていただけにTWのような林道バイクが無いと困る事を再認識させられた。

   
この辺りの林道は、いつも水が流れていて泥濘化した部分が多くありメイトだとパンクしているような感覚で前進するんです。それがTWだとグイグイ前進するのが頼もしい。赤沼参道入口到着、ここで本格的林道装備にしましょう。 まずはブヨ対策に蚊取り線香に点火して、次はバイクのチェック。続いて念のためクマ避けスプレーをドリンクホルダーに装着して準備完了。と思ったら、気が変わった・・・

 
赤沼参道コースで行けば間違いなく?残雪撤退が予想されそうな気がする。 なので、赤川林道から白沼を抜け、その先から赤沼を目指す事に変更。雪解けによる川の増水具合を見ると、途中断念が予想されますが・・・しばらく走っても残雪がありません。

 
一昨年ならアメダス(白沼の手前)までも行けなかったけど、何事もなくアメダス地点通過。白沼到着、四輪駆動車が駐車して、おばちゃんとおっちゃんがいます。 軽く会釈をしたら無視されたから、黙って白沼へ行くことにした。

 
白沼は前回来た時と全く変わらずコンコンと水をたたえており静寂そのものです。さっきの四輪駆動車でやって来たとおぼしき子供たちが白沼の祭壇に何かを供えていた。信者なのかな?だとすればバイクで気まぐれにやってきた人間を好ましく思わないのもうなずけるけどね。とりあえず白沼までは来られたので、次は赤沼を目指しましょう。

 
白沼を過ぎて数百m先の分岐を右に行けば赤沼へ通じる林道となります。幸先の悪い事に林道脇には残雪ベッタリ・・・しかも、この先は渡河しなければならない場所があるんです。夏場なら簡単に渡れますけど・・・残雪期の水量では?やっぱり・・・かなりの水量・・・水深は約40cmだけど流速が早い。

 
どうしようかな?こういう時は、きちんとステップに足を乗せてスタンディングして渡河するのがベストなのです。結果は転倒もなく渡れるでしょうが、両足べしょべしょになるのは必至。ですから両足おっぴろげてシートに座って渡る事にします。最悪バランスを崩しても、片足落水ですから、スタンディングで両足を濡らすよりマシってものです。では・・・・両足も殆ど塗れず、水しぶきが少しかかっただけで何とか通過した。

この先、残雪行き止まりなら、またここを渡河するってのが嫌だけど、渡っちゃったんだから仕方がない。まずは先へ行ってみましょう。

 
渡河地点からは1kmほどで赤沼となります。林道脇の残雪が多く見られ、四輪車の轍が少ないところを見ると、あまり車も来ていないみたい。嫌な予感・・・もすぐ分岐が現れるはすで、左側が赤沼、右が赤沼の参道手前の道、つまり桔梗方向へ出る林道です。あらら・・・やっぱり残雪がありました。赤沼方向は深い残雪の為、無理でしょう。となれば、右側の林道を走って赤沼参道へ行き、振り出しに戻るか?雪道の上り坂だし、行けるとは思えないけど一応チャレンジしてみた・・・

 
見事にスタック・・・それでも、この先に雪が無ければ行けそうな気がするので徒歩で偵察してみます。その先も、まだ残雪があって無理みたい。またあの川を渡河しろってか・・・やだねぇ〜とはいえ、仕方ないので戻ります。

 
渡河地点到着・・・さっきと同じ方法で渡河しようと思います。ところが、こっち側からだとラインが悪い。長年バイクの乗っていると渡たれるか渡れないかってのが分かってしまうものですからね。足を濡らさずに渡れる確立は10%も無いと思われます。スタンディングで行けば両足べしょべしょだし・・・行ってみますか。また両足上げて渡河開始。やっぱりダメだった・・・左足全没であります。

足が濡れてしまえば開き直って、これからは濡れても苦になりません。子供がケンカして泣くと強くなるのと同じ事?です。このルートでは赤沼へ行けないのが分かりましたから、最初の赤沼参道へ戻ってダメ元覚悟で行ってみましょう。

 
赤沼参道へ戻り、ここから約5km先の赤沼を目指します。前回は真冬だったからこんな景色だったけど、今は雪が(今のところ)ありません。

 

 
分岐到着。ここは廃道状態になった直進ルートが正解です。 この道は、いつもヌタヌタなんです。30mも走らないうちにバイクは泥だらけ、オマケに林道には折れた枝が道を塞いでいます。要するに、今期は誰もこの道を使っていないということでしょうね。TWを停めて落ちた枝を除けていたらエンジン音が聞こえてきた。後ろからAX−1に乗ったお兄さんがやってきます。

少しお話をしてみたら、桔梗方向から林道に入って赤川(中野ダム)へ抜けるつもりが、間違ってこっちに来たそうです。せっかくだから「赤沼へご一緒しませんか?」と誘ってみたら、行くとの事。久しぶりの二台走行なのでちょっと緊張・・・いつも自分のペースで走っているから後ろを気にしながら走るのに慣れていません。と、思ったら・・・また林道を倒木が邪魔をしていた。AX-1のお兄さんの手をわずらわせるまでも無く、私が撤去。

そして10mも走らないうちに今度はかなりの泥濘地走行。TWでは難無く走破してもAX-1には少しキツイ。いえね、私はTWに乗る前はAX−1に乗っていたんです。ですからこういった道がAX−1の一番苦手な状況なのが良くわかる。なにせ低速トルクなくて、半クラを多用しないと泥濘地は走られなかった。それって楽しくもなんとも無くて、あるのは苦痛だけだった。

案の定、AX-1のお兄さん「引き返します」って・・・一緒に走ったのは、ほんの100m程度でした。赤川へ抜けるつもりが、赤沼参道のこんな廃道同然の道なら、そりゃ帰るわ・・・という事で、また一人での赤沼参道走行となりました。

 
そこから約500mも進んだ頃に決定的な倒木が現れた。今回は林道の純正装備であるノコギリを忘れたんです。ノコギリがあれば、まだ残雪も無いし走行可能なんですが、これ以上の前進は無理。AX-1のお兄さん同様、私も撤退。次回はノコギリ持参で来れば大丈夫でしょう。

今日は偵察という事で、これにて終了でした。

 

戻る   HOME   2009年05月09日 

inserted by FC2 system