22年タラノメ採り

 先週、タラノメ偵察した際、早いものならあと一週間で食べられる大きさになりそうだと思った。というわけで、早速前回に近い場所へ行ってきました。k今回は、タダのタラノメ採りだから読んでもあんまり面白くない。せめてもという事で画像だけは大きめでご紹介。ちなみに去年は5月10日頃が最高に採り頃だったけど、今年は桜の開花同様、一週間以上遅いのが予想されます。

 
例によって道道41号線から糸川支線林道(最近かなりしつこく通ってる)へ入ります。今日は晴れだし風もないからとっても気持ち良い林道です。(走っている時はね)止まると毒虫達がわんさかやって来るから、蚊取り線香焚きながら走ってる。

   
さて、タラノメは・・・ウ〜ム・・・まだ小さい。私的にはもう少し成長した物の方が良い。大きな物ならこれ(画像)1つで5個分ぐらいの量になるから労力も少なくて済むし数も採らないから他の人の分も残せます。

 
もう少し先へ行ってみましょう。 そういえばこの界隈にはシラネアオイは殆ど咲いていないのだが、ここ数年、地味に増えたような気がします。なんでだろ?

 
糸川支線林道のはみんな小さかった。常五郎林道へ出て、日当たりの良い場所を見てみましょうか。

 
林道脇の廃道・・・TWなら可だけど、メイトじゃね。 糸川橋を渡り、そのまま進みます。今日は山菜採りの人が多いわ・・・

 
山の中なのに、なぜか廃船のある場所から先がタラノメポイント。でもね、みんな採られた後ばかりなんです。それもそのはずで、乗用車でも楽々走れる立派な林道ですから、大勢の山菜採りの人が入っちゃってる。

 
タラノメ自体は本当に多い。仕方ないから、更に奥へ入ってみましょう。 途中にあった作業道へ入ってみる。ここなら車も簡単に入れそうもないからタラノメも採れそうな気がします。


 
作業道って、どこまで続いてるか気になる。結局、行き止まりまで行ってしまった。

 
作業道から出て先へ進みます。この辺りはニリンソウとブナの大木があって、とても雰囲気が良い場所であります。そういえば、この辺りの沢はとても渓相が良く、20年程前5mぐらいの滝を見つけた覚えがある。ちょっと探してみましょう。

 
画像じゃ分かりづらいけど、おそらくこれ。 さて、林道の高度が上がってきたからメイトのパワーだとアップアップしてきた。


ガレ場もあるけど大丈夫。(←ウソ・またマフラーに穴が開いた)

 
分岐到着、左へ行けばふりだしに戻り、右へ行けば川汲峠林道や毛無山方向へ抜けられます。高度300mほどあるから見通しが良くとても気持ち良い林道走行です。


停まると毒虫達が五月蝿かったが、これも暖かくなってくれたおかげです。タラノメも少しだけ頂けたし今回も無事楽しめました。

『地図』


戻る  HOME   2010年5月15日2010年5月15日 

 
inserted by FC2 system