万畳敷

 フォッケアハゲリスFa033作戦は、いつものキャンプ地だけで訓練していた。その後、やっとご紹介出来るまでになったので、前回のお話となりました。今回は、万畳敷を空撮してみようと思ってたが、朝、横津岳方向を見たら雲の中なので中止にしたんです。仕方ないからワンパターンの蛾眉野方面へ行って、谷地山放牧場でも撮ろうかと思って出かけたら霧雨です。

   

それじゃ、鉄山鶴野線でも通ってみますか。 この界隈は、栃の実が至る所に出来ています。


魚道の所で小休止してみたら、コンクリートに焚き火の跡がある。 こういう所では、証拠隠滅した方が良いと思いますね。空を見ると、蛾眉野方面は暗雲だが、大船松倉林道方面は青空が出てるじゃありませんか。


というわけで、栗の木を確認しながら大船松倉林道起点へ到着。青空というほどじゃありませんが、このまま寅沢林道経由でアヤメ湿原へ行けるかな?


この橋を渡るのも数年ぶりです。さて、寅沢林道へ入ったんですけど、ここのガレ場は、メイトじゃ荷が重い感じです。


素直に大船松倉林道で行きましょ。 松倉の杉から空撮してみよかと思ったけど、この木の隙間から離陸して、また着陸させるとなると1%ぐらいの失敗確立がありそうです。ほぼ100%じゃなけれは嫌だから止めましょう。 大船左股林道分岐に到着しましたが、ここに来るならTWの方が良かったね。メイトでも走られない事はありませんし、時間も3割程度多くなるだけですが、なにせメイトですからね。オフロードバイクで走れば気にならないギャップもメイトでは凄いギャップになりますので。


やっと万畳敷到着。う〜ん・・・ずっと思ってたが、風が強いんです。ドローンの取説によると『風速10m以上では飛ばさないで下さい』だし、通常の飛行では風速5m程度にしましょうって事です。林道上でも時々風速10mぐらいになるので、上空はもっとあるかも知れません。


しかも、さっきまで青空が見えていたのに、南から暗雲が出てきました。 それでもチョットだけ(低空)飛ばしてみたが、ドローン搭載のジンバルカメラでも風の揺れに付いていけないのでブレた画像しか撮れません。ちなみに、ジンバルカメラは、船に搭載されている羅針盤みたいな仕組みで、船が揺れてもコンパスが水平を保てるようになっているのと同様、機体が多少ブレても同じ方向を向くカメラなんです。結局、動画は機体の安全の為に諦めました。


離陸時に低高度で撮った、この静止画のみ。 また来ないと・・・ ここからまたメイトで帰るけど、なんだか足が重い感じです。


途中、若干の昆虫観察をして、久々に松倉の滝を見物して・・・鱒川辺りから奥地へ入ってみた。風は弱いが木々で空が狭いね。空撮の事も考えながら林道を走ってると、空の広がりのある所って意外に無い事に気が付きました。


その代り、至る所で『サワグルミ』の花を見つけました。このサワグルミですが、胡桃は胡桃でも実が小さすぎて食べられませんからね。〆は、林道下流のえん堤を見てみた。昔は日曜日に釣り人がいないなんて事あまりなかったんですけどね。今じゃライズもしてないし、魚影も確認出来ませんでした。

今回はスカだったが、次回に期待して終わりにしましょう。


戻る   HOME   2016年07月24日 

inserted by FC2 system