アイヌネギ撮り

 多忙でTWの出撃準備が出来てなかったので、今回もメイトで出かけてきました。お目当ては、アイヌネギであります。今年は雪が少なかったから戸井方面なら最盛期かも知れません。

でもね、まだ気分的に採る気がしないんです。なので山菜は撮るだけにして、あとは昆虫・植物・動物の観察って事で行ってみます。まずは、すっかり雪が無くなった鉄山鶴野線から。

 
去年お話した謎の洞窟が見られるのも今時期だけね。 一応、この洞窟は、調査抗?って事で納得してますが、真偽のほどは定かではありません。


そのまま道道41号線を走り、ここから入ってみます。 予想通り道道970号線に合流するずっと手前から残雪です。でもね、タイヤをトラパターンにしたから結構進む進む。 奥まで行けそうです。


ここから先が問題ですが、その前に・・・


今年初のカタクリとナニワズを見た。 そのまま道道970号線に合流しようと思ったが、林道にベッタリと残った残雪で終了。


それならって事で、前回の高岱線へ行ってみます。 ここも山菜が撮れそうな気がしますからね。ところがギッチョンチョン、アイヌネギと同時期に生えるカタクリすらほとんど見かけないし、同じくバイケイソウもなし。その代り、前回二度も遭遇したシカの足跡だらけです。木もかなり食害されていた。


もう一つ驚いたのが、去年のドングリ(ブナ)が、歩けばブチブチ潰すぐらい落ちてます。これほど春にドングリが残ってるって事は、秋に食べる動物が少なかったか、ドングリの大豊作だったって事と予想されます。 その後、武井ノ島展望台のあるここへ寄り、写真をシコタマ撮ってから戸井高校奥地へ行ってみた。


戸井高校奥は、ここから入るけど、正直好きな場所じゃありません。 予想通り、山菜採りの車やら何やらが沢山入っててマッタリ出来ないからです。 まあ、その分、キクザキイチゲやアイヌネギもいっぱい撮れましたけどね。


人の居ないどん詰まりまで行ってから少しだけマッタリ。 渓相が良いから癒されます。


それから戸井線250〜251へ入ったが、雪が全然ありません。4月でもある年はあるんですけど・・・

さて、本日の〆は、運賀川の林道に入ってみます。ここが一番暖かいようで、バイケイソウが、かなり成長しています。そして、以前通った地形図上の行き止まり地点から、汐首岬へ通じる急登坂の道が、走り易くなってるように見えたので、徒歩で見てみた。 かなり楽な感じになってたから、メイトでも押せば何とかなるかなと思ったけど、今は自分一人の身じゃありません。 というわけで、ここでおしまい。


戻る   HOME   2015年03月29日 

inserted by FC2 system