鏡山東側の林道

 北斗市鏡山付近の林道について、当HPでいくつか紹介してますが、以前から東側の林道が気になってました。丁度、半日時間が取れたから見てみましょう。
   
北斗市「クリーンおしま」へ向かう道へ入ります。


この道を、そのまま進めば万太郎沢鉱業所へ出るが、新しい道なので古い地図では載ってません。「クリーンおしま」を過ぎて500m程先左手に分岐があり、そこが起点。


途中までは全く問題ない道で、紅葉を楽しみながら前進出来ます。


写真を撮ってふと見ると、私のジャケットにシロジュウシホシテントウが付いてた。これ、久しぶりに見ました。普通のテントウムシは黒い斑点だが、これは白いんです。しかも変化形(紅型)だと黒い斑点となって一見ナナホシテントウと間違えそうになります。このテントウムシは、木に寄生する病源菌類を食べる益虫ですから大切にしないとね。 どうでも良い話だけど、テントウムシってのも幼虫が気持ち悪い物が多いんです。特にニジュウヤホシテントウなんてお世辞にも可愛いと私は言えません。


1km程で道が荒れてきた。 落ち葉に倒木と泥が隠されて、時々オットトする。 しかも勾配もきつくなり雨裂の発達した箇所も現れた。


でも、まだまだ走行不可とまでは行きませんので大丈夫。     そのままトコトコ進むと開けた場所に出ました。この辺りが鏡山山頂に一番近い地点で直線距離800mです。


そして、その先からシングルトラックの道になってしまいました。行こうか戻ろうか迷ったら戻る事にしてるが、しばらくこの状態が続き、下りとなった時点で進むのをやめました。帰り道で登れない可能性が出るので2.4kmで断念です。見通しも良くない、景色もイマイチ、旨味のない道でした。


戻る   HOME   2014年10月26日 

inserted by FC2 system