七飯林道

 黒岩林道(八雲町)でのタケノコ採りが不発だったので、時間が沢山余ってしまいました。ところが私のテンションが下がっちゃって何処も行く気にならなかった。てなわけで、八雲町でチョット寄り道後、函館へ帰る途中に七飯林道を通る程度でした。七飯林道は、2年ぶりなので近況のご報告。
   
まずは、大沼トンネル函館側手前、町道七飯3号線から入り七飯林道を目指すのは、前回と全く同じ。入り口付近にブッシュがあるものの、今回も車(軽トラ)とすれ違ったので、最低限の道幅は確保されています。

 『七飯林道トラックログ』
もっとも、大沼へ続く廃道は、ここが道だったと教えられなければ分からない状態になっていた。

 
その先は、ほぼ変化なし。 数か所伐採現場がありますが、それは何処の林道でもありますからね。

 
林道前半は、相変わらず路面の砕石がデカくて走りづらい。 景色は良い(八雲町の林道には敵わないけど)

 
この界隈は、町道七飯3号線から入る以外、すべてゲートに閉ざされてるから山菜が豊富にあるのかな? 林道ライダーは、定期的に走ってるはずですが、林道ライダーが沢山山菜を採るとは思えませんからね。

 
林道中盤は、そこそこ走り易いし景色もまあまあ。 タラの芽が思った以上に多かったから、蛾眉野界隈で採るより、ここの方が良いかも?

 
林道脇には、成長したタラの芽が沢山生えています。 ちなみに、こんな事書いて良いのか分かりませんが、アイヌネギやウドなどを採ってしまうと、その年はまず生えて来ません。ところがタラの芽の場合は、画像右上のように横から生えて来るんです。ですから、タラの芽が採られた後でも採る事は可能なんです。しかも、採られた後、一か月後ぐらいが食べ頃の大きさになるから2回採れるって事です。でもね、可哀相だから私は採らないようにしてます。

 
林道終盤になると七飯冷水沢線が現れます。この林道は、途中で終わりますが、2年前、その先の作業道を通ると吉野山南側直下まで作業道が続いてるのには驚いたね。

 
黒岩林道程ではないにしろ、相変わらずプーさんの落し物が落ちている七飯林道なのでした。 さて、日も高いけどヤル気が出ないから帰って昼寝でもしましょうかと、チンタラ城岱スカイラインを下ってたら、後ろからリッターバイクに停められた。 ん、なんだべ?って思ったら、セローさんなのでした。 


戻る   HOME   2011年06月09日 

inserted by FC2 system