幌内川林道

 旧礼文華・静狩峠は倒木でバイクは通れませんでした。時間がかなり余ったので写万部山北側の林道を通ってみる事にします。ここはタケノコがわんさか生えていたから、少し早いかも知れませんが、タケノコの成長具合と景色を楽しめますからね。

   
あららのら・・・ 500mも進まない内にここも倒木で進めません。 それじゃと言う事で、写万部山北側の更に北側の林道『幌内川線』を通ってみます。

 
ここは、初めて通る道。初めては何があるか分からないから地味に楽しいです。林道は、倒木も撤去されてるから通り抜け出来そうな予感。

 
かなり良好な林道で景色もまずまず。丁度、美利河種川林道みたいな雰囲気です。 細いタケノコがかなり生えていた。

 
殆ど直線の林道なので、見通しも良いがプーさんの落し物が異常に多いから安心快適って感じじゃありません。

 
途中、民有林道朱太川幌内1号線ってのがあったから寄り道してみます。 

 
ほぼ簡易舗装された快適な道ですから、ロードバイクでも通行可かな? 景色もまあまあ。

 
2.5km程で分岐、ここを右へ行けば道道266号線へ合流します。 幌内川線へ引き返す途中、遅い朝(昼)ゴハンを頂きます。

 
幌内川線へ戻り、春紅葉の林道を快適に進む。 一人での林道探訪っては、全部この程度の道にしておけば安全です。装備品にノコギリやウインチなんか持たなくても良いんでしょう。まあ、安心安全なところには油断が潜んでますから、少し緊張するぐらいの方が良いのかも?

 
国道5号線、幌内橋そばへ出て、幌内川線終了。 約6.9kmでした。

 
まだ時間があるから、帰り道に八雲町長谷川念力パワーから入り、途中のT字路を左へ進み、山菜採りをしてみる事にします。昔は、いくらでもタラの芽やウドが採れたんですが、今は牧草地になってしまいあまりないみたい。

 
また、国道へ戻るだけの道ですが、それでも我が家で食べるには余るだけありました。

 
昔と景色も自然も変わっちゃったみたいです。 帰宅後、ウドは天ぷらにして頂いたが、美味かったね。

 おわり。


戻る   HOME   2013年05月26日 

inserted by FC2 system