鏡山界隈の野山散歩

 明るいうちに仕事が終わったから、春に幸連沼の帰りに寄って、TWのブレーキレバーを曲げてしまって断念した、鏡山への林道を見てみましょう。日の短い季節だから使える時間は2時間、大丈夫かな?

   
鏡山の林道入口に到着したのが15:00、『地図@』 春と条件が同じなら秒殺で探訪が終わるのはずだったけど、物凄い廃道感。 これじゃ無理です。というわけで、付近の野山をお散歩する事にしましょう。内緒にしておきますが、本当は鏡山には、もう一つお目当てがあったんです。それは、いずれお話しましょう。


仕方ないから『地図A』 へ行ってみますよ。 ここは栗が多いし、見事な杉林を堪能できる道なんです。途中に現れる分岐は左が本線です。あとは道なりに行けば杉林。


写真じゃ全然分かりませんが、緑の森ってのは、これなんだって感じです。 まあ、忍者が現れて風車の弥七のテーマソングが聞こえて来そうでもあります。と、良い気持ちで走ってたら、ここも廃道ですぐにアウト。春先に再訪しないと・・・


さて、まだ少し時間があるから去年の初冬に行った寿楽園と△175.1の△175.1に行ってみますか。『地図@』 道端の栗の数が半端じゃなかった。だれにも採られてないし・・・


勿体無いけど私は沢山採ったから、今年はもう要りません。 △175.1の方はゲートが閉じられてるから今回はパス。


『地図A』の方へ行くと、小さな池があったから少々水生昆虫観察です。最近、水カマキリを見なくなったし、カマキリに寄生するハリガネムシもあまり見なくなりました。 この界隈も、道が短いとはいえワビサビのある道であります。まっ、ワビサビって事は、侘しい寂しいって事ですからね。


北斗市は、杉に力を入れてるから、なかなか絵になる場所もあります。 右上のような、変な木もありますが・・・


△175.1を見ながら戻って・・・ 近くにある寿楽園も見てみますかね。おそらく今時期なら草ボウボウで行く気にならないでしょうけど、一応ね。
あれ?寿楽園へ通じる杉林の林道が整備されて走り易いじゃありませんか。


あらら・・・寿楽園への道もしっかり除草されて走り易い。 しかも、園内もある程度除草されていた。 

これなら夏場も寿楽園が見られるかもね。

写真はアップしませんが、一応園内を見てみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど・・・

寿楽園のメインストリート部分はしっかり除草されて通りやすく、今時期だと草の勢いも衰えてるから何とか園内見物が出来ました。

想像していた感じと違うから、良い意味で予想外だった。

これならねりこさんも再訪して詳しく見学出来るでしょう。

と、ぼやぼやしてたら日が暮れて来ました。

帰り道、薄暗くなった林道を通ってたら、蝙蝠が沢山飛んでいた。

我が家の周りも蝙蝠だらけだから、蝙蝠はヘッチャラなんです。
 



戻る   HOME   2012年10月13日 

inserted by FC2 system