女那川林道

 今日は昼から少しだけ林道探訪へ行ってきました。半日でそれなりに楽しめる所という事で、旧恵山町(現函館市)の女那川林道へ行く事にした。まずは国道278号線を走り、旧恵山町道道41号線との交差点へ。

   
その少し先が女那川林道入り口、画像左上を左折して数百メートル程舗装が続いたあとダートが現れます。

 
『地図@』ここから女那川林道です。・・・って書いてますがね。 以前、釣りにイヤと言う程来てる場所なので、一々紹介するのも変な感じ。ここは夕まずめ狙いで釣りに来て、辺りが真っ暗になる頃まで釣りをして、それから林道を走って帰った道なのでした。林道って言うより「釣りの通勤路」的なイメージの林道なんです。今時期の夏場の釣りは、蛍の光を見ながら帰る事もあり、なかなか風情のある林道でした。

 
『分岐ア』ここは、ほぼ廃道状態、昔はイに抜けたり、その奥へ少しだけ行けた。画像右、直進が本線で、道なりに行くと砕石場となりゲート行き止まり。ここも昔は通り抜け出来た。一応左に行ってみましょう。

 
砕石場手前に川原へ下りる道があって、ここから釣行したものです。今は枯れ沢になっています。画像右上のテトラにはヤマメが沢山ついていて、結構良い思いをしました。

 
戻って直進すると、砕石場からの道と合流します。右手にはの道。


ここから少しだけ高度が上がり、左手に尻岸内川を見ながら進む。断崖部分もあって、ちょっと恐いのは今も変わらず。 

 
しばらく進むと小平治橋が見えてきます。ここも絶好の釣りポイントでした。(今日も釣り人がいた)画像右上の奥には瀞場があるから、今も変わらず釣れるのかな?

 
昔より深くなってる感じ。夏は水浴びした事もありました。上流側もポイントが多数あります。

 
その先へ行ってみましょう。ここから先も林道は安定していて走り易い。というか、道が良すぎて林道ライダーには場違いな道で、釣り人か山菜採り、もしくはこの先にある採石場関係者用道路って感じです。

 
正面に採石場が見えてきました。ここは確か大理石を採ってるはず? その先から少し道が悪くなってきた。

 
ここのゲートで行き止まりのはずなんですが、今日は開いていた。すぐに分岐『地図ウ』まだ通られそうですが、行き止まりとなります。私は本線を直進してその先へ・・・ そろそろ路面が怪しくなってきました。

 
途中には、しっかりした橋が幾つかあり、古い橋の橋脚も残されています。

 
林道脇の落石箇所が多くなってきた。しかもスズメバチの巣があちこちにあって、写真を撮る度に顎をカチカチいわせて私に近づいて来る。スズメバチはプーさんより恐いから、行き止まりまでもう少しだけど今日はこれまで。ここまで約11km、行き止まりまでは約14kmでした。 ンニャロメ・・・

 このあとの『日の浜界隈の林道』へ進む。


戻る   HOME   2011年08月21日 

inserted by FC2 system