笹小屋・川汲林道

 今回は函館市街から矢別ダムのトンネルを過ぎ、その先にある笹小屋林道から川汲峠林道を越えて、谷地山放牧場へ出るコースを通ってみた。 笹小屋林道は8年ぶりぐらいだからチョット楽しみ。ここは今時期の木々に葉のない季節だと、林道脇から幾つかの小さな滝を見る事が出来るし、川汲峠近くは展望が良く見ごたえのある林道ですから。

   
笹小屋林道到着。 ここを起点として、行きましょうか・・・と、思ったら、相変わらず不法投棄のオンパレード。こういう事をするから林道にゲートが設置されてしまうんです。

 
笹小屋の沢を渡る橋の下には、かなり採りづらい場所だけ、採り残し?の大きな大きなアイヌネギが生えていた。

 
今日は天気も良く気分上々です。林道脇には早速小滝が見え始めまた。

 
画像じゃ良く分かりませんが、なかなか良い小滝群です。

 
『地図』@の分岐、ここは右に行く。左だとまた道道83号線へ出るコースとなります。この辺りから高度が上がり展望も良く気持ち良い林道走行が可能。もちろん路面も良く、メイトでも十分走られる感じ。(今はね)


画像右側の山を越えれば川汲峠や台場山が見えてくるはず。

 
路面も良いし暖かくて眠気を催してきた。ちょっとバイクを停めて大休止。マッタリとした時間が過ぎていきます。と、辺りを見渡すと刈り払いされた場所がやたら多い。8年前はこんな感じじゃなかったはず。刈り払われたのはみんなネマガリダケだから、もうすぐ山菜の鉱脈になるでしょう。まあ、ここまでの10kmばかりの林道を走る気があればですが・・・ 台場山近くになると林道がかなり荒れて四輪駆動車でなければ難しい道となり、この辺りは以前と変わらず。

 
台場山登山口到着。ここは以前書いてますから省略。

 
ここから少しだけ舗装路を走りNTTアンテナそばにある川汲峠林道へ。相変わらず荒れた道だが、今時期は見通しが良く走り易い。

 
前回は、左の糸川林道から入って来てこっち側へ進んだが、今日は直進して谷地山放牧場方向へ進みます。『地図』

 
ここも路面がいいね。分岐がどちらか分かりづらいが、どちらも左左。『地図ア、イ』

 
路面が良いからアッという間に谷地山放牧場の十字路到着。ここまで起点から約20km。時間が少し余ったから、矢別ダムへ戻るだけじゃ物足りないので『地図』@の先を見てみましょう。

 
ここ、地図を見れば分かりますが、僅か200mしか離れてないのにつながっていないんです。5年前も10年前もそうだった。もしかしたらつながったかと思って行ってみたが、今回もやっぱりつながってません。A林道は荒れ放題になってるから、もう要らない道なんでしょう。その代わり、今日一番の花畑がみられたから良しとしましょうかね。

  
アイヌネギも大きくなっちゃったし、そろそろ毒虫達がわんさかやって来る季節になりそうです。というわけで、今回は約36kmの林道走行となりましたが、その大部分は良い林道でプーさんの影すら感じず楽しい野山散策となりました。


戻る   HOME   2011年05月05日

inserted by FC2 system