2011アイヌネギ採り

 函館も本格的な春になり、どこの野山も山菜採りシーズン真っ盛り。なので、今日は矢別ダムから糸川林道そばでアイヌネギを採ってきた。

   
北側である、この辺りもすっかり雪が融けている。 そして、カタクリが生えてるって事はアイヌネギもあるって事です。


林道伝いから見ても、太いアイヌネギが沢山生えている。私は本格的山菜採りじゃありませんから、林道から少し入った所で採る程度。本格的に採る人なら背負うだけ採るんでないべか。林道をトコトコ進みながらアイヌネギを採ります。 案の定、普段はすれ違う車もまばらなこの道も至る所に車が停めてあります。


谷地山牧場が近づいてくると、少しだけ路面が悪くなってきた。まあ、メイトだからですよ、オフ車なら問題ありません。途中、数台のオフロードバイクとすれ違った。この林道はコース化?してる道ですからね。


谷地山牧場到着。 ここは何度来てもいいねぇ〜


馬さんをしばらく見てマッタリしてから、その先の林道十字路へ。 いつもは直進(糸川林道)ですが、今回は右折(画像上方向)へ行きます。


やっぱり・・・路面が悪くなったわけじゃないのに、マイナーな林道に入ると採られてないアイヌネギが林道脇にいっぱいあります。十分に頂いて、アイヌネギ採りは終了。このまま帰るのも勿体無いから2009年9月にrz.koiさんが通った廃道を通って蛾眉野へ抜けましょう。


画像じゃ分かりませんが、林道脇は福寿草・カタクリ・キクザキイチゲの花畑状態で、とても綺麗です。 とかなんとか癒されて走っていると・・・


林道に生えた木を刈り払った跡を通る事に・・・まるで地雷原です。これを踏んだら薄っぺらいメイトのタイヤなどすぐに貫通しそう。仕方ないから最微速で前進する。もうすぐ廃道が現れて、蛾眉野まで1km弱という所で・・・


バラ線ゲートで進入禁止。バラ線は、林道を外れた場所も延々と続いてますから、私有地対策というよりも野良馬対策みたいな気する。しかも新しい・・・去年付けた物でしょう。通れないなら仕方ありません。鉄山⇔谷地山コースへ出て帰りましょうかね。


鉄山⇔谷地山への林道に出ると林道が舗装路と思えるほど走り易くなり、そのまま鉄山へ出て、今年のアイヌネギ採りはおしまい。

本当はね、もっと採ろうと思えば採れるんですが、お寿司でもなんでもそうでしょ?
もう少し食べたいって思うぐらいで止めた方が、次も楽しめますから。


戻る   HOME   2011年04月17日

inserted by FC2 system