黒松内町⇔島牧村間の林道2
 
 前回の偵察から一ヶ月半、今回は、遠路島牧村へ遠征して来たネット仲間のジェベリスト777さんと、毎度お馴染みRH250さんの3名で黒松内町⇔島牧村間の林道を実走してみる事にした。 函館出発04:30、島牧村到着07:30 天気は予報通り曇り時々雨、島牧村へ向う途中も雨が降ったり止んだりの空模様です。今回はそれも覚悟の上で、小雨決行・大雨中止だから、この程度の雨なら問題ありません。(気分は良くない) 島牧村に到着後、セイコマで軽く朝食を済ませてジェベリスト777さんの待つ江ノ島海岸駐車場へ・・・ 軽くご挨拶の後、まずは給油。

   
給油後、大平トンネル脇駐車場向いから入り、重滝を通り黒松内町へ抜ける大平川林道へ入ります。

 
前回は、この大きな砂防ダム先にあるゲートまでの偵察でした。予想通りゲートが閉まっていたが施錠されておらず、すんなりゲート通過。

 
時々雨脚が強くなる。ここまでの林道自体はしっかりしており走り易い。右側が谷底だから崖崩れが少し心配です。 この界隈は日陰ノ淵と言われる場所のようで、かなり深い谷になっています。

 
しばらく走ると前方で道路工事をしていた。ジェベリスト777さんと見に行くと、ここから先で路面崩落があり通行困難だとの事。仕事してる人の邪魔をしたくないからトットト引き返します。 さて、今回は島牧⇔黒松内の南側の林道は、残念ながら通行出来ないと判明。林道入り口から約8km地点だった。『地図』

 
一旦、国道229号線へ出て、本目地区から黒松内岳直下を通り黒松内町へ抜ける北側の林道へ向かう。『地図』

 
相変わらず、雨が降ったり止んだりの繰り返し。降水量自体は少ないようで路面が完全な泥濘状態にならないのが救いです。

 
地味に蒸し暑い中、函館出発から6時間以上カッパを着続けているから、内側がグチョグチョで気色悪い。景気の良い独身の頃はゴアテックスのカッパを着れたから、そんな不快さはありませんでした。今の4千円のカッパと3万円近いゴアカッパ、それでも不快に思うのは年に一度あるかどうかです。コストパフォーマンスでは4千円カッパに軍配が上がる?

 
折川沿いに林道は続き、路面はまあまあです。 途中、魚撮りに良さそうな砂防ダムもあった。『地図』

 
しばらく進むと島牧側のゲート到着。脇が甘いから通常の脇抜けゴメンナサイで通過する。ゲートの先は交通量が少なくなるから路面も荒れる。これは想定内であり、いつもはここから気合が入るけど、今回は3人居るからマッタリモードのまま前進します。途中、私の対プーさん対応鼻レーダーにエコーが返って来たから、曲がり角近くはホーンを鳴らしながら前進した。

 
路面のワダチも薄くなったり濃くなったり、途中ブナやミズナラの巨木が何本かあった。そういえば、今年はドングリが少なくあまり落ちてません。

 
標高が上がって来るとガス(雲)の中の走行となり、見通しが良くない。 廃道同然の路面を走ってると・・・『地図』

 
たまに現れる橋が休憩ポイントとなり有り難い存在です。川の水は濁ってないから、まだ雨も大した事ないみたい。橋の上での小休止後、更に前進して行くと・・・

 
もうすぐ大平川林道と折川林道をつなぐ分岐に差し掛かると思ったら、その手前に本日のメインイベントが現れた。 ここは、路面崩落と崖崩れを何度か起こしており、通れるのは0.5車線程度。上りもきつく、一旦バイクを止めたら後輪が路面をカッぽじる事間違いなし。

 
左上画像が一番の難所部分で、山側がご覧の通り崩れていて走行ラインは50cm程度、そして右側が谷です。RH250 さんジェベリスト777さんとで入念にライン取りを考えて、障害物撤去後に通過。一人だったら微妙? 

 
その後も何箇所かヤバそうな所やガレ場が現れる。路面を見ると(左上画像)タイヤ痕だかクラックだか分からない部分があり、用心に越した事はないから一台ずつ通過して行きます。これから3年後は通れかどうか分からない感じでした。『地図』

 
ガレ場地帯を過ぎると折川林道と大平川林道をつなぐ分岐到着。画像左を見れば分かりますが、我々は、バイク3台が置いてある所から出てきており、左の本線と思える道が大平川方向への分岐です。ここから約2km程で大平川側の林道へ出られるはずですが、それは次回のお楽しみに取っておく事にしましょう。大平川沿いの林道工事が終ったら、また来年でも再訪すれば良いですからね。

 
ここからは、路面も良くなり安定して走行可能。途中、地図にない分岐が現れるが、どこにつながっているかは不明。高度がさらに上がり、林道右側に黒松内岳があるはずなのに全く見えません。

 
真っ白な林道を走るだけ。天気が良ければ絶景が広がっていた事でしょう。お昼もとうに過ぎてしまい、林道脇の広場で昼食にします。 昼食後、今回のゴールである座高の高いゲートを目指します。

 
数キロで座高の高いゲートが現れた。そこから約500mで西の沢折川林道終点到着。島牧村本目から約28kmだった。

 
本日の〆は、島牧側から今回のお目当ての一つだった重滝を見られなかったから、黒松内側から入ってお二方と滝見物しておしまい。

あとがき 

 残念ながら林道工事&林道崩落の為、南側ルート(大平川林道)は通る事が出来ませんでした。しかし、悪天候にも関わらず、まだ未走破だった北側ルートである島牧村本目地区から黒松内岳直下を通り、黒松内町への林道を走破する事が出来たので良しとしましょう。そして、RH250さんとは5回目の林道探訪であり、ネット付き合いはあれど、ジェベリスト777さんとは初の林道探訪でした。ジェベリスト777さんは、金花湯単独野営入湯経験のある方なので、私としては変に気を使う事もなく走る事が出来ました。 
 『今回の全体地図』


戻る   HOME   2011年09月17日

inserted by FC2 system