2010魚撮り2         

 お盆を過ぎると涼しくなる北海道も今年の夏は暑い。 そんなわけで、二週間ぶりに涼をかねて魚撮りに出かけてきました。今回は前回より少し上流地点で魚撮りする事にしましょう。
 
相変わらず廃道状態の林道をトコトコ走って川原へ向う。この道は、かれこれ30年近いお付き合いですが、年を追うごとに道が荒れてきてるから、いつまで持つか不安です。 そうなったら草刈機でも使って刈り払いしながら進みましょうか。

 
川原到着。 川原は静かでアブもハチも蚊もいません。あれだけ五月蝿かったアブがいないって事は、盛夏が終り、秋のスイッチが入ったという事でもあります。 さて、毒虫がいないから、あずましく準備させてもらい潜行開始。

ところが、今回は新子ヤマベ(ヤマメ)ばかりで、大きな魚が見当たりません。泳いでいるのは体長10cm前後の小さなヤマメばかりでした。場所を変えたりして、粘り強く探してみたけど全然いない。釣りで言うところのボーズって感じ。前回は1時間ぐらい水に入っていたが、今回は2時間近く水に入っていたので流石に寒くなってきた。


これ、新子ヤマメの画像だけど、どこに魚がいるかよく分からないでしょう?実際は20匹以上が泳いでおり、上流から流れてくる物に盛んに食いついているんです。

  写真では上手く撮れないから、試しに動画で撮ってみたら結構写っているじゃありませんか・・・。次回は動画も混ぜて撮ってみるかな?
        


  戻る   HOME  2010年08月21日

inserted by FC2 system