汐首岬へA

 珍しい平日休み。 天気もまずまずだし、2009年にお話した汐首岬へ続く林道を通って、物見遊山と昆虫観察に出かけてきました。詳しいルート等については、以前のお話の方が詳しいと思いますから、そちらも見てね。
   
道道41号線から道道970号線へ入ります。『地図@』


道道970号線から蛾眉野林道への分岐到着。『地図A』なになに、気無山林道界隈で林道工事をしてるとの表示看板があった。どおりでダンプとすれ違うはずです。工期は11月末で8:00〜17:00が工事時間。ダンプが通るだけあって道は良いが、なんだかなぁ〜


ホウノキが目に留まったけど、もう花の時期は終わってました。 気無山林道との分岐到着。やっぱり工事中だけあって、ダンプその他の交通量が多かった。


気無山支線林道の分岐到着。こちらも工事中なので道がいいね。右上が、2009年の状態で、廃道感があったのを記憶しています。


気無山林道の工事現場を過ぎ、汐首岬へ近づくと、林道が本来の状態になりました。『地図B〜C手前までの区間』


『地図C手前』を過ぎると、汐首岬が近くなり、お待ちかねの絶景地帯となります。 これは写真じゃ伝わりません。実際に見ないとね。


いつものように野良馬が沢山います。一面フランスギクが咲き乱れてる場所も多々あって、なかなかです。


ちょっと寄り道して『地図D』のゲートを見てみます。これが通られれば汐首岬は近いんですけど・・・相変わらず第一級の屈強なゲートでした。


フランスギクだと思うけど、私には、『マーガレット』でも『なかよし』でも『花とゆめ』でもイイです。こちらも(右上)、エゾフウロでもゲンノショウコでもイイです。それよりも、ここまでの道中で見た糞虫類の方が興味ありました。流石にウンチに付いてる虫なので、マニアック過ぎるからアップは無しって事でよろしく。なにせこの界隈は、馬糞が目茶苦茶多いので(熊糞も)センチコガネ類をわんさか見る事が出来ました。

 
どうして昆虫が面白いかっていうと(私の中でね)、たとえば左上の昆虫、私の知識では『アオオサムシ』となります。ところが図鑑を見ると分かりますが、生息域は本州のみ。北海道では見られない。なんて、図鑑がウソで、実際は生息してるこういうところが楽しい。だからって私みたいな馬の骨が発表しても仕方ないし、そんなのどうでも良い事で、実際に生息してるってのが興味深い事です。


パノラマモードで撮ると少しは絶景感が分かるでしょ。


汐首岬まで行って、野良馬さんを見ながら『えび満』を食べて、しばらくマッタリ。 『地図E』 トンビがくるりと輪を描いてるのをぼんやり眺めてた。
 ホイーノ・ホイ。        寄道を含む全走行距離約31kmでした。


戻る   HOME   2015年06月25日 

inserted by FC2 system